不器用母ちゃんのごまかし術

不器用・コミュ障・豆腐メンタルな母ちゃんですが、だましだまし毎日を生きています。

ワーママだった私が会社を辞めたワケ

f:id:bukiyokachan:20200408004607j:plain

この4月、晴れて無職となりました~(ノ´∀`*)

というわけで少々自分語りをさせていただきたく。


私がどんな人間か少しでも興味を持って頂けた方は読んでいただければ幸いです。


仕事を辞めた理由

夫の転職に伴う地方への転居です。

でも、夫の転職に反対することもできた訳ですし、夫だけ単身赴任してもらうことも出来たハズ。

それでも、以下の理由から家族皆で移住する道を選びました。

  • 夫の挑戦を応援したい
  • 子どもと過ごす時間、子どもの成長に最適な環境を確保したい
  • 1度きりの人生なので他の事に挑戦してみたい


そこに至るまでのお話を書いていきます。


退職前はフルタイムで働いていました

大学院修了後、新卒で入った会社に9年程在籍しておりました。
(間に3年弱の育休を取ったので、実際に働いていたのは6年くらいです。)


とある電機メーカーの工場で研究開発の仕事をしていました。


ここまで書くとなんだかキャリア志向の強そうなワーママさんみたいですが、私は全然そんなんじゃありません(笑)


「仕事大好き☆」

「子どもが出来てもキャリアは諦めない!」

みたいなのとは程遠く、

「私、ホント仕事できない。」

「辞めたい」

「死んでまうわ~」

って考えながら仕事していました。

なので、子どもが産まれる前にも後にも何度も辞めたいと思ったことがあります。


それでも以下のような理由で続けていました。

  • こんな無能な私を雇ってくれた会社に少しくらい貢献しないと申し訳ない
  • 中途半端な所で逃げたら後悔する気がする
  • てゆーかお金欲しい
  • 金稼がないと夫にでかい顔出来なくなりそう(笑)


仕事に必要な能力も情熱もそこまで無かったと思います。

でも、お金を貰う以上はいい加減な仕事は出来ないと思っていたので、それなりの責任感は持って働いていました。


厳しい職場環境と厳しい上司


電気作業、高所作業、危険物取扱作業、重量物運搬作業あり。

いわゆる3K(キツイ、汚い、危険)職場でした。

当然、女性の数は少なく課内では私以外は全員男性。


それに関しては承知の上で入社したので、不満に感じた事はありません。


ただ、タスクの量、レベルに対して自分の能力が圧倒的に足りない。

それがひたすらにキツかったです。


さらに課長が結構厳しい方で、豆腐メンタルの私と相性が悪く(笑)

要領の悪い私はしょっちゅう叱られていました。
(↑いや、みんな結構叱られてたな)


育休からの復帰直後に子どもが体調を崩しまくって休みまくっていたら皆の前でガチギレされてしまい、余計苦手になりました。
(一応、自分の仕事はやっていたし、周囲とも情報共有していたんですがね。)


課長は独身男性の方でしたので、その辺が理解できなかったのでしょうが。
(私も介護の大変さとかわからないし)


まあ、育休復帰後の私にも責任ある仕事を任せてくれていましたし、成果を出せば給料にも反映してくれていたので、パワハラ上司とまでは言いませんが。


私の働き方

上司に怒られないように、皆に迷惑をかけないように、給料泥棒にならないように。

そんな事ばかりを考えながら、必死に働いていました。

最初は時短勤務で復帰していましたが、タスクがとてもこなせずフルタイムに戻し。

フルタイムに戻してからは、残業までしてしまい子ども達は毎日延長保育。

そんな感じでした。


それでも他の男性社員に比べると働ける時間は少ないので、仕事を持ち帰る事もしばしばありました。

(先輩方は会社でもガッツリ働いた上、持ち帰り仕事したり休日出勤したりしてたんですがね。)



他のワーママさんのブログとか見ていると、

「毎日効率よく仕事して定時には帰ります!」
「育児も仕事も効率良く!」
「残業0だけど成果を上げて昇格しました」

とか沢山出てきて、自分はなんてポンコツなんだと落ち込んでいました。


別にやれない訳ではありませんでしたが


夫も比較的育児に協力的な方でしたし、保育園にも全面的に頼りつつなんとか毎日こなせてはいました。

仕事自体もやりがいを感じる瞬間は多少はありました。

不器用なりにも勤続年数が長くなってきて、出来ることも増えてきて、顔も徐々に広くなってきて脂がのり始めてきたな~と感じていました。


私はお金貰ってる以上は何でもすべきという考えでしたので、人のやりたがらない仕事も引き受けており、そこら辺を評価して頂けるようになっていました。

(逆に、君は何やりたいんだ?と言われたら出てこなくて。研究者としてはホント致命的ですよね。。)

もし、夫が転職していなければ今も普通に働き続けていた可能性が高いです。

ただ、1つ思っていたんです。


家族を犠牲にしてまでやる仕事か?


主に子どもなんですけどね。

閉園間際のお迎えが続いた時など、夫に

「パパのお迎えがいい!」

と泣きついていたそうで。。

それを聞いたときに流石に申し訳なくなってしまって。


毎日お迎えが遅くても、自分が仕事大好きで誇りに思ってて、やる気に満ち溢れているお母さんだったら

「ママの背中を見て!」
「ママもお仕事頑張るから一緒に頑張ろう!」

となれるのですが、自分の場合はどっちかっていうと嫌々やっている仕事なので、そんなものの為に1番大事な子ども達をないがしろにするのは、なんか違うな~と思ってしまいました。

また、夫が新しい事に挑戦したいと言っているのに、この仕事の為に我慢させるのも違うかな~と思いました。


ある程度、会社に恩は返せたかな~って位には仕事もやりきったので踏ん切りついた所はありますが。


一度きりの人生、後悔したくない!!

  • 子どもと一緒に過ごすこと。
  • 子どもがのびのび暮らせる環境を用意すること。
  • 夫が新しいチャレンジをすること。


やりたいな~と思っている事を、やりたくもない仕事の為に諦めるのは違うなと思い会社を辞める決断をしました。


勿論、長い間お世話になった会社には感謝しています。
私自身、働いてきて沢山成長出来ました。


でも、一度きりの人生なのでやりたいことをやろうと思います!!

実は私自身もやってみたいことが2つ程あります。
(1つはブログです♪)


どっちに注力しようかしらと考え中です。

夫は「どっちもやれよ」と言ってました(笑)

どっちもやろうかな~(笑)


上手くいくかはわからないけど後悔の無いように精一杯生きようと思います( ̄∇ ̄*)ゞ