不器用母ちゃんのごまかし術

不器用・コミュ障・豆腐メンタルな母ちゃんですが、だましだまし毎日を生きています。

【0円で出来る秘密基地】段ボールハウスを作ろう!

どうも、まつこです。

今回は、ずっと書きたくてなかなか書けなかったお話。
(インフルエンザにかかったり、レゴランドについてダラダラ語ったり忙しかったもので 笑)





そう、それはクリスマス前の週末の出来事です。
(半端ないタイムラグ)




長男・太郎さん(5歳)のひと言で始まりました。

「タロちゃんも段ボールのおうちが作りたい」

詳しく話を聞くと、保育園のお友達がご家庭で段ボールを使った家作りをしたそうな。

どうやら、その話を聞いて羨ましくなった模様。


「じゃあ作ろう!!」

って事で近所のスーパーへ段ボールをもらいに行き、段ボールハウスを作ってみる事にしました。
(最近レジ袋有料のところ多いけどね、段ボールはタダだったりしますよね。)



では、段ボールハウス作りの記録を語って行きましょう!!



【用意するもの】

・段ボール:好きなだけ
(てゆーかお部屋の面積とご相談を)

・ガムテープ:適量
(普通に一巻きもあれば足りますけどね)


基本は以上!!

拘りたい人は模造紙的なものを用意して壁紙みたいに貼ったり、シールでデコったりすれば良いと思います。
(当然、我が家はやっていない)



【作り方】

作り方もクソもありません。

適当に段ボールを切ったり貼ったりして人が入れる空間を作るのです。


一応、我が家はこんな感じで作製しました。


①子どもが入れそうなサイズ感の段ボール二個を1面開いて重ね合わせる。
f:id:bukiyokachan:20200207064242j:plain


②壁の隙間部分を片側だけふさぐ。
(もう片側は出入口にします)
f:id:bukiyokachan:20200207064619j:plain

工作好きなお子さんの場合、一緒に作っても楽しいでしょう。
うちは邪魔しかしませんでしたが(笑)
f:id:bukiyokachan:20200207064808j:plain


③適当に段ボールを継ぎ足し、壁やら屋根やらつければ完成です。
f:id:bukiyokachan:20200207065020j:plain

因みに完璧に壁を作ってふさぐ必要はありません。
隙間を利用して子ども達は楽しみます(笑)
f:id:bukiyokachan:20200207065439j:plain

サイズ感はこんな感じ。
f:id:bukiyokachan:20200207070655j:plain

中のインテリアはこんな感じ(笑)
f:id:bukiyokachan:20200207070827j:plain
太郎さんが、小さめ段ボール(冷蔵庫らしい)やら、マンガやらを持ち込んで家っぽくしてました。



【段ボールハウスのメリット】

①タダで作ることが出来る。

これが1番です。

実は子ども向けのおうちって楽天とかで販売しているのですが、だいたい数千円します。
1番安い段ボールのおうちでも2,000~3,000円程度します(ただし、とってもお洒落ですよ!)。

我が家の息子達は特に見た目等気にしないので、これで十分なんです(笑)


②中が結構暖かい。

我々はサイズ的に中に入る事は出来ないので、手を入れてみたのですが意外と暖かくてビックリ!

たまに子ども達も毛布持ち込んでお昼寝とかしております。


③飽きたら手軽に捨てられる。

市販の子ども向けハウスの場合、段ボールで出来ていない限り捨てるのも大変です。
お値段もするので捨てるの勿体ない気もするし。
だからと言って、そこそこかさばるので、ずっと置いておくのも邪魔だし。

その点、この手作り段ボールハウスは飽きたらなんの躊躇もなく捨てることが可能です。

分解して古紙回収に出しましょう!


④なんといっても子どものテンションが上がる。

子どもって秘密基地とか好きですからね。
作ってから2ヶ月近く経ちますが、今でもたまに遊んでいますよ♪




段ボールハウス、別に失敗しても失うものは何もないので、お気軽に試してみられてはいかがでしょうか?