不器用母ちゃんのごまかし術

不器用・コミュ障・豆腐メンタルな母ちゃんですが、だましだまし毎日を生きています。

もやっとした事と子どもの正しい守り方

どうも、まつこです。

本日は愚痴らせていただきます。
まずはざっくり説明です。


【起こったこと】
先週末、家族で近所のスーパーへ買い物に行った帰りの出来事です。
先頭を旦那と太郎ペア、少し後ろを私と次郎ペアで手をつなぎ歩いていました。
その時次郎は歩くのを渋っていて、地べたに座り込み気味ではありました。
スーパー近くの交差点で横断歩道を渡ろうと次男の手を引っ張って歩き出そうとした瞬間、向かいから歩いてきた初老(60代位)の男性と次郎が衝突し(蹴り倒されるような形)、次郎が転倒しました。
男性はそのまま次郎をスルーして別の横断歩道の所まで行き信号待ちをしていました。

【私の取った対応】
一瞬呆気にとられ、次の瞬間怒りが沸いてきて何か相手に嫌味の1つも言ってやらねばと思い
「お前がグズグズしてっから突き飛ばされんだよ!」
と、泣いている次郎に暴言を吐き、
「詫びぐらい入れんか!!」
と、信号待ち中の男性に吐き捨てて、次郎を抱き抱え横断歩道歩道を渡りました。
勿論自分も悪い事は認識していますが、腹が立って


【モヤモヤポイント】
・対応がスマートじゃない
・そもそも男性に私の叫びが聞こえていないかも
(交通量の多い交差点だったので、先に歩いていた旦那にも聞こえていなかった)
・大体、次郎を御せなかったこちらも悪い
(私も謝っていませんよね)
・まずは相手の男性ではなく、次郎にスコープを当てケアを最優先させるべきだった
・とはいえ、普通小さい子にぶつかって転ばせたら謝るよね(故意じゃなかったとしても)


【どうするべきだったか】
・まずは次郎を抱き抱え、「大丈夫?痛かったね?」とケアをする
・その上で、「道端で、特に人や車通りの多い場所で座り込むのは本当に危ない。周りに迷惑もかける。」と冷静に諭す
・これは蛇足かもしれませんが、「世の中は良い人ばかりでは無いのだから、皆があなたに良くしてくれる訳ではない」と教える
・相手の男性まで駆け寄り、まずは自分がきちんと子どもを御せなかった事を詫びる
・もし、反論された場合にのみ思いの丈を冷静に伝える


そうです。感情的になっても何も変わらない。
私が本当にやりたいことは、怒りぶつける事ではなく子どもを守る事のはず。
子どもを守り、必要であれば毅然と戦う姿を見せる事、これが最優先のはずです。

捨て台詞を吐くよりも、相手が無視できない距離まで駆け寄り謝罪したほうが相手も「いや、こっちもごめん」となるでしょうし、もしそれに相手がキレてきたら周りから冷ややかな目で見られること間違い無しです。
相手にはずっと堪えるでしょう。


実は以前も同じような事がありました。
会社から帰宅する電車の中。帰宅ラッシュでなかなか混雑した車内で小さい子どもの泣き声がしました。
私なんぞは「あらあら、お母さん大変ね。こういう時って本当に泣き止まないのよね。」と思っていたのですが、自分の斜め前位にいた男性(20~30代位かな、出で立ちから察するにリーマンではなさそう)が、「チッ」と舌打ち。
それだけではなく、「うるせえ」「消えろ」とボソボソ呟いていました。

めっちゃ、文句言ってやりたい。
でもね男性目つきとか見てるとね、なんか本能が訴えかけてくるの。
こいつヤバイって。。

ビビってしまいました。ただただ、変な汗をかきながら黙っている事しか出来なかった。

ヘタレな私に出来ることは、その親子連れと変な男との間に絶妙に割って入り壁を作ること位。

その事を旦那に話すと、
「まあ、まつこは女の人だし仕方ないか」
と言っていたので、
「じゃあ、自分は同じ状況になったら何か出来るのか?相手に文句言う?」
と私が聞くと
「まさか(笑)。俺だったらそのお母さんに『大丈夫ですよ』って言う。電車降りてから『さっき変な人いましたね』って声かけるだけでも違うと思うよ」
との事。

その発想は無かった。目から鱗ですよ!!
てかそういうとこですよ。
私のダメなとこ。旦那の素晴らしいとこ。

そう、本当にやるべき事はムカつく相手に噛みつく事ではなく、困ってる人を助ける事。

自分の子どもを守れる、困ってる人に手をさしのべられる、そんなしなやかな強さを手に入れたいものです。