不器用母ちゃんのごまかし術

不器用・コミュ障・豆腐メンタルな母ちゃんですが、だましだまし毎日を生きています。

【イマイチな口コミは本当か!?】レゴランドジャパンリゾートに行ってきました③レゴランドホテル体験記

どうも、まつこです。

レゴ大好き、まつこ家は1月の三連休を利用してレゴランドジャパンリゾートへ行ってきました。

今回は、レゴランドホテルについて語ります。


レゴランドホテルについても「すべてはサイコー!」って訳にはいきませんが、「おおむねサイコー!」でした(笑)。(←わかる人はわかるネタ)

f:id:bukiyokachan:20200120060741j:plain

こちらもテンション上がるエントランス♪
可愛い~!

なお、今回も全体的に写真は残念です。。
(もうね、普通に旅行を楽しんでいる人が撮っている写真ですよ。わかりやすさとか考えてない。)


レゴホテルについて、ざっくりまとめるとこんな感じ。

                                                                    • -

【レゴホテルのサイコー!ポイント】

①とにかくお部屋がサイコー!
②レストラン横のキッズプレイエリア
③意外と美味しい!ビュッフェご飯
④テンションあげあげ♪エレベーター


【ちょっとイマイチ?ポイント】

①アメニティのラインナップ
②キッズプレイエリアの靴問題
③ユニットバス

                                                                    • -


ではでは、詳しく見て行きましょう(* ̄∇ ̄)ノ


【レゴホテルのサイコー!ポイント】

①とにかくお部屋がサイコー!

〈客室の種類〉

我が家が予約したのはパイレーツプレミアムというお部屋。

レゴランドホテルはお部屋のテーマ別に5種類の客室(パイレーツ、キングダム、アドベンチャー、レゴフレンズ、レゴニンジャゴー)が用意されています。
※詳しくは公式サイトで(笑)


我が家は太郎さんの希望で定番の「パイレーツ」にしました。
(「ニンジャゴー」と迷ってたけど。次郎さんは「ニンジャゴー」推しだったけど。)


さらに、全てのテーマについて、クオリティー別に「テーマ」「プレミアム」「プレミアムプラス」「スイート」の4種類のお部屋が用意されています(スイートが1番お高いお部屋)。

「プレミアムプラス」「スイート」は5人家族向けっぽかったので、我が家は「プレミアム」を選択。


〈雰囲気〉

テーマごとにフロアが分かれているのですが、我々の宿泊した4階はこんな感じ
f:id:bukiyokachan:20200121060846j:plain

すでに海賊の世界観ですね。
他のフロアについても廊下だけでも見てみたかったのですが、エレベーターはルームキーをかざさないと行き先階ボタンが押せない仕様だったため、諦めました。

お部屋はこんな感じ
f:id:bukiyokachan:20200120180835j:plain

二段ベッドつきの子ども部屋もございます。
f:id:bukiyokachan:20200121061933j:plain

f:id:bukiyokachan:20200126103303j:plain

f:id:bukiyokachan:20200121062348j:plain

子ども部屋にはテレビ(※)・デュプロが用意されています。
レゴランドホテルのテレビはレゴ・ムービーがひたすら流れているチャンネルがあるよ!勿論大人の部屋にもテレビはあります。

太郎さんは子ども部屋にテンションあげあげ。
「大人は入っちゃダメー」とか言いながらテレビ見たりレゴで遊んだりしてました。

寝るときは大人の部屋で寝たけど(笑)
次郎は親の添い寝が無いと寝られないからね。
さすがに太郎さんも1人で二段ベッドは寂しかったみたい。

(因みに2日目は2人とも子ども部屋でテレビ見ながら寝落ちしたためそのまま二段ベッドに寝てもらいました。)


あと、奥のおサルが座っている箱はトレジャーボックスになっております。
簡単な謎解きをすると、お宝が手に入りますよ。

お宝の写真撮るの忘れた(笑)
ので、家で撮影。
f:id:bukiyokachan:20200121063851j:plain

f:id:bukiyokachan:20200121063921j:plain

お宝の正体はレゴのキット(2セット)。

1つは「レゴ・シティ」シリーズのポップコーン屋さんの屋台か作れるキット。

もう1つは「レゴ・クリエイター」というシリーズのセットで、サンタクロースとトナカイ(らしきもの)、プレゼントが作れるキットでした。

写真はサンタクロース(しかも足がとれとる~)だけですが(笑)

キットの対象年齢は2つとも6歳以上。
太郎さんは見つけるなり、早速お部屋で作っていました。
「ママ、一緒に作って~」とか言いながらほとんど自分で作っていましたよ。
太郎さんは5歳半なので、だいたいキットのレベルとマッチしたようです。


レゴ感満載、海賊感満載のインテリア達が部屋の雰囲気を盛り上げます!
f:id:bukiyokachan:20200121064510j:plain

f:id:bukiyokachan:20200121064751j:plain
わかりづらいですが、下の写真は洗面台です。

〈お部屋に用意されていたもの〉

他には以下のものが用意されていました。

◎飲食物
いろはす (500ml)× 4本
・クッキー (レゴデザイン)× 4個
・ココア(レゴデザイン)×2パック
・コーヒー、紅茶など (数は覚えてないけど多分大人の人数分かな)

連泊の場合、いろはすは消費した分補充されます。
他のものは不明です(我が家は初日に消費しなかったので)。

ココアとクッキーは飲み食いしなかったのですが、みつを氏がちゃっかり持ち帰ってくれていました。
f:id:bukiyokachan:20200121173011j:plain
お陰で写真撮れたよ(笑)。
クッキーは中身は普通でした(別にレゴの形してなかった)。

◎飲食物以外
・各種アメニティ(詳細は後ほど)
・浴衣(普通のやつ、大人用と子ども用が各2枚ずつ)
・絵本(客室内での読み聞かせ用)

子ども用浴衣のサイズは7~10歳向けとのこと。

絵本はカラフルな動物達が主役のレゴホテルオリジナル絵本でした(非売品)。
※とっても可愛い絵本だけど持ち帰りは禁止なのでご注意を!!(なお、写真は取り忘れました 笑)

では、続いての『サイコー!ポイント』行ってみましょう!!



②レストラン横のキッズプレイエリア

次郎さんに「どこが1番楽しかった?」と聞いたらここだと言っていました。

〈レストランとの位置関係〉

ホテル2階はレストランフロアで、2つのレストランが入っています。
・ブリックス・ファミリーレストラン
スカイラインバー

キッズプレイエリアはスカイラインバーの横にあります。

スカイラインバーからはキッズプレイエリアが見えますので、ゆっくり食事をとりながら、子どもの様子を見る事も可能です。
(子どもが先に食べ終わっちゃった時とか嬉しいですよね)

我が家は朝夕ともにブリックス・ファミリーレストランを利用したので、子どもと一緒に食事を切り上げ付き添っていましたが、もう少しお兄さんになったら先に遊んでてもらっても大丈夫かな?というくらいの距離感です。
(現に小学校低学年くらいの子が、親の所といったり来たりしながら単独で遊んでいるのを見かけました)

〈遊具について〉

キッズプレイエリアの全体像がわかる写真が無くて恐縮ですが(詳しくはWebで!)、ざっくり言うとジャングルジムのような、アスレチックのような遊具です。

パイレーツ・キングダム・ニンジャゴーの世界観が合体したような欲張り仕様(笑)

f:id:bukiyokachan:20200126085212j:plain
f:id:bukiyokachan:20200126085249j:plain
大好きな忍者さんもいます。

太郎さんが遊んでいる海賊船の裏側はレゴプール(水はない。ボールプールのようなものだ 笑)になっていてレゴで遊べます。

※海賊船での写真はコスプレしてますが、アスレチックで遊ぶときは帽子とフックは預かりました。危ないからね。

アスレチック入って直ぐの所にもちょこっとレゴで遊べる場所がありました。

〈混み具合、子どもの年齢層など〉

人気のエリアなので、夕食後等はそれなりに人がいますが、混んでて遊べないって程ではありません。
朝のレゴランド開園時間付近になると、ほぼ貸しきりで遊べます。

遊具には3~6歳向けと書いてありますが、2歳くらいの小さい子から小学校低学年くらいまで幅広い年齢の子ども達が遊んでいました。
(我々が仲良くなった子に小2の子がいました)

実は、2日目の夕食後、うちの子達は太郎さんより少し年上のお兄さん達と仲良くなり、いっぱい遊んでもらっていました(何故か私と夫も途中から鬼ごっこに駆り出されたけど。久しぶりに運動したよ)。

程よく隠れ場所もあり、息を潜めて待ち伏せをするには最適です(笑)。

まあ、バリヤばっかり張るから捕まえられないんだけどさ(笑)。
てか、明らかにタッチした後にバリヤ張ったりするし。。

2日目の夜はお兄さん達のお陰で早く眠ってくれました!楽しかったのはお友達効果もあるのかもです。

※補足
このフロアにはキッズプレイエリア以外にも、大きなブロックで遊べるコーナー(1~2歳くらい向け?スカイラインバーに併設)やゲームルーム(小学生向け?)がありました。



③意外と美味しい!ビュッフェご飯

我々は朝夕とも「ブリックス・ファミリーレストラン」というビュッフェスタイルのお店(つまり食べ放題ってことさ!)で食事をしました。

夕食はオプションで付けましたが、朝食は宿泊者全員に付いてます。

なお、レストランに関しては写真がほぼ0です。
(食べるのに必死だったもので)

〈利用時間〉

夕食:17:30~20:30の間ならいつ行ってもOK(21:00閉店)
朝食:①7:00~8:00、②8:15~9:15、③9:30~10:30のいずれかを選択

朝食の時間帯はホテルで最初に受付するときに選びます。
私は三連休初日の昼前に受付をしましたが、翌日(2日目)の②8:15~9:15は枠がいっぱいで予約出来なくなっていました。

なので、2日目については①を、3日目ついては②を選びました。
(この選択は正解だったと思います)

レゴランドで遊ぶ事を予定している場合、開園時間は10時ですが、9:15までのんびりご飯食べていてはワークショップの予約に間に合いません。
(子連れだとトイレ行かせたりなんやかんや出かけるまでに時間かかりますよね)

逆に、チェックアウトのみの日は少しのんびり起きて、レゴランド開園後の貸しきり状態になったキッズプレイエリアで遊んでくってのが良いかもです。

※チェックアウトが11:00なので、③9:30~10:30はちょっとギリギリかも。


〈利用料金〉

基本的に追加料金無しで全ての食べ物、飲み物が食べ放題です。
夕食に関しては時間制限も無さそうですし。
ただし、アルコール(2時間飲み放題)は別途2000円かかるそう。


〈子どもに嬉しいポイント〉

・レゴの世界観
カラフルな色合いで、いかにもレゴホテルのレストランらしい雰囲気です(勿論レゴオブジェも沢山)。

・キャラクターが登場
最終日の朝、シェフの格好をしたミニフィグのキャラクターが登場しました。
なお、写真は撮っていない(笑)

f:id:bukiyokachan:20200125135858j:plain
こんな感じのやつ。
因みにこのミニフィグはシェフの隣にいたスタッフのお姉さんとみつを氏がミニフィグ交換して手に入れたもの。
キャラクターには目もくれず、お姉さんの胸元ばかり見ているなんて本当に気持ちが悪いですね(←言い方)。

・テーブルにぬり絵がある
テーブルクロスの代わりに大きめの紙が置いてありまして、なんとそれがぬり絵になっていました(クレヨンも2~3本ありました)。
おそらく、待ち時間をぬり絵でもして楽しく過ごしてねという事なのでしょうが、食べてすぐに遊びに行きたいうちの子達には全くヒットしていませんでした(笑)。

・お外も楽しそう
誰も座っていませんでしたが、一応テラス席のようなものがありました。テラス席エリアには可愛らしい遊具も少しあったみたい。
レストラン内からのみアクセス可能で、食事を済ませた親子が何組か遊んでいました。
私もちょっといってみたかったけど、我が家はキッズプレイエリア一択だったので行けずじまい(笑)

f:id:bukiyokachan:20200126103345j:plain

・キッズメニュー
やはり、充実していました。
ラインナップとしては
朝:パン、ホットケーキ、ウインナー、オムレツ、カレーライスなど
夕:ハンバーガー、トマトパスタ、オムライスなど

あと、レゴの形したレゴポテトは朝夕ともにありました。

これらのメニューら子どもが取りやすい高さの台に置いてあります。
デザート系もキッズコーナーに固めてありました。

・お誕生日は祝ってもらえる?
何組かお誕生月の子がいたようで、スタッフさん達がちょっとしたお祝いをしていました。
どんなことしていたかはあまり見ていませんが。
(食べるのに必死だったもので 笑)

ケーキの形に組み立てられたレゴを持って写真撮影とかしていましたね。
なお、お隣のスカイラインバーでも同様のサービスが受けられるようです。


〈お料理〉

キッズメニュー以外も結構充実していました。
正直、キッズメニューが充実していることは認識していました。
(ガイドブックを購入して予習していたので。昭和の人間は紙媒体が大好き 笑)

が、ガイドブックを見る限り料理のクオリティはあまり期待できないかな~と思っていました。
完全に舐めてました。すみません。

・ラインナップ
お洒落なメニューが多かったです。サラダも定番のお野菜達に加え、クスクスとかコブサラダとかあったし。(ダイエット中のみつを氏も大喜びでした)

夕飯には分厚いローストビーフもありました。
あとは、パエリアとかキッシュとか温野菜的なやつとか。

何となく、洋食が充実している印象でしたが和洋中揃っています。
お寿司もありましたが、みつを氏いわくあんまり美味しくなかったとの事。
(見た感じ100円寿司クオリティでした)

和食だと2日目の夜に出ていた鯛めしがとっても美味しかったです。
(ご飯がお焦げがちで好み。薬味とかお出汁とかかけて色々楽しめる。)
※全てではありませんが、日によって微妙にメニューが変わります。

・お味
上に結構書いちゃってますが。。
メニューによって勿論バラツキはありますが、全体的にレベル高かったです。
ホテルのビュッフェとしては上の方かと思います。

レゴランドホテルということを差し引いても、普通にレストランとして満足出来るレベルでした。

まあ、大飯喰らいの我が家的には食べ放題が1番サイコー!なポイントなんですがね(笑)


では、次は最後の『サイコー!ポイント』です。



④テンションあげあげ♪エレベーター

これはな~、書くとネタバレになっちゃうから書きたくないんだよな(←なんのためのブログだよ)。

えーと、まずは予想どおりエレベーターの内装がレゴ仕様です。
扉やら壁やらにレゴのキャラクター達が描かれております。

そして、動き出すと何かが起こります。
(と、ガイドブックには書いてあった 笑)

結局何が起こるか書きますが、
レゴムービーでお馴染みの曲が流れ出し、ミラーボール(であってますかね?)が光を放ってディスコ的な雰囲気に包まれます。
※曲のパターンは何パターンかある模様。

うちの子達はエレベーターに乗る度に踊っていましたね。他に乗客がいなければみつを氏も踊っていました。



と、ここまで『サイコー!ポイント』を書いてまいりましたが、次は『ちょっとイマイチ?ポイント』をご紹介します。

※おことわり
基本的にレゴランドホテルは良いホテルです。
ただ、今後レゴランドホテルを利用する方の参考になればと思い、あえて言えば~くらいの事を記載しております。
特に②以外はホテルに対する不満ではなく、利用する際に心に留めておいて頂きたいことを書いておりますので予めご承知おきください。



【ちょっとイマイチ?ポイント】

①アメニティのラインナップ

客室に用意されているアメニティもレゴ仕様でした。
こちら全てお持ち帰りOKなので、やはりみつを氏が根こそぎ持って帰ってきておりました。
(シャンプー、リンス、ボディソープあたりは良しとしてコットンセットとかシャワーキャップとかいつ使うねんと思いましたが 笑)

f:id:bukiyokachan:20200124070745j:plain

可愛いよね。まあ、全部持って帰りたくなる気持ちは分かる。

〈内容〉
・シャンプー
・リンス
・ボディソープ
・ボディローション
・歯ブラシ&ハミガキ粉(大人用)
・歯ブラシ&ハミガキ粉(子ども用※)
・石鹸(何となくレゴっぽい形)
・ブラシ
・シャワーキャップ
・コットンセット
・カミソリ
※子ども用のハミガキ粉はいちご味♪

と、全てレゴ仕様の素敵なアメニティなんですが、皆様何かお気づきでしょうか?

そう、メイク落とし、洗顔、化粧水の類いが無い。
まあ最近はね、ビジホでもお部屋に無いとこありますよね。で、必要な方だけフロントで渡します的なね。

でも、多分フロントにも無かったと思う。
1階の売店にあったのかな~(私は見つけきれなかった、そんなに真面目に探してもないけど)。
完全に部屋にあると思って油断してましたわ。ビジホには大体あるからね(無くてもコンビニですぐ買えるし)。

コンビニもちょっと遠く(徒歩7~8分)、買いに行くのも面倒なので、私はボディソープで顔を洗い(特にメイク落としは使用しない)、ボディローションを化粧水代わりに塗ってみました。

ボディローションに関しては化粧水の代わりとしては使用感が今一つだったので(当たり前だ)、次の日は何も塗りませんでした。

既にズタズタの肌を今さらいたわる気はありません。(←なんか色々ツッコミ所が多い気はしています)


メイク落とし使わないなんて、ボディソープで洗顔するなんて、化粧水使わないなんて、あり得ない!
という美意識高めのママさんは絶対に持参してください。
(あ、美意識高めの人は最初から持ってくか 笑)


美容液や乳液についてはそもそも使用する概念がありませんので触れていませんが、使う方は是非持っていって下さい(笑)

てゆーか、普段はオールインワンタイプ使ってたと思う、確か。。


正直、こんなカスみたいな美意識しか持ち合わせていない私なんぞがレゴランドホテルのアメニティについてあーだこーだ言う資格はないなと思っています(笑)



②キッズプレイエリアの靴問題

『サイコー!ポイント②』でご紹介したキッズプレイエリアですが、基本的に靴を履いたまま遊ぶ事になっています。
ところが、以外と靴を脱いでしまっているお子さんが多く(うちの子も脱いでいました)、靴を履いている子と脱いでいる子が同じスペースで遊んでいる状況がしばしば(てゆーか常に)発生していました。

私は別に潔癖症では無いので、衛生面とかはそこまで気にならないのだけど、安全面でちょっと気になりました。
ほら、裸足の子が靴の子に間違って足踏まれたりとかさ、危ないやん。

ちょいちょい「くつははいたままあそんでね!」的な注意書きがあるのですが、気がつかないのか(文字読めない年齢の子もおおいし)皆靴脱いじゃうんだよね。

病院の待合室とか、商業施設内にある室内の遊び場って結構靴脱がないといけない事が多いですしね。
そういう習慣が付いちゃってるのかもですね。

あとは、キッズプレイエリアの一画にちょっとだけレゴプールがあるんですが、そこに入るときは靴を脱がないといけないんですよ。
当然レゴプールの傍らに靴が並べてあって、それを見て何人かが勘違いして遊具で遊ぶときも靴脱いじゃって、皆が脱いでるからって脱いじゃう子もいて。

我々は「靴履きなさい!」って言ってたけど、逆に「逆に靴脱がなきゃいけないんじゃないの?」とか言ってる親御さんもいたりして。
(因みにその親御さんのお子様は「靴履けって書いてあるじゃん!」と言ってました。しっかりしてるね。)

結構注意書きあるんですが、イマイチ存在感が薄いようなので、キャラクターにデカイ看板持たせるとか、レゴプールを少し離した場所に配置するとか改善の余地はあるかな~と感じました。

まあ、今後レゴホテルに行く方は、お子様が靴を脱がないようにご注意ください!


③ユニットバス

これに関しては、私は承知の上で行ったので特に何も思いませんでしたが、知らないで行くとダメージ大きいと思いますのであえて書いておきます。

やっぱり子連れだとお風呂とトイレは別々の方が有難いですものね。

とはいえ、浴槽は広めですし全然子どもと一緒に入れます。

ホテル内にプールとか要らないから、大浴場欲しかったな~と思わんじゃなかったり(笑)

※ホテル1階にはウォーター・プレイ・エリアというプールがあります。
要予約で時間制なので面倒だな~というのと、ぶっちゃけレゴランドでプールってなんか違うというのもあって我が家は利用していません。

レゴランドホテルを利用される際はお風呂はユニットバスを心に留めておいてください!


と、つらつら書き連ねてなんだか長くなってしまいましたね(苦笑)
個人的にはレゴランドホテルは満足度高かったです。何より子どもが楽しそうでした。

今度はお誕生月に行ってみたいな~。