不器用母ちゃんのごまかし術

不器用・コミュ障・豆腐メンタルな母ちゃんですが、だましだまし毎日を生きています。

【絵本レビュー】『オニのサラリーマン』ほのぼの系な地獄のお話

最近、久しぶりに絵本を買いました( *´艸`)


その名も『オニのサラリーマン』という作品でございます。

f:id:bukiyokachan:20200618161918p:plain

まつこ

そういえば絵本ってだんだん買わなくなっていました。

図鑑系とかポケモンの本とかはたまに買っていましたが…

前通っていた保育園は絵本借り放題だったんですよ~。今の幼稚園も月一で絵本くれるし。


わざわざ買っただけあって結構食いつき良いです。

次男が食いついたので買ってみたのですが、長男も自分で読んだりしています。

f:id:bukiyokachan:20200618161617p:plain

まつこ

という訳で、せっかくなのでご紹介!


※普通にネタバレします。すんまへん。



概要

文:富安陽子
絵:大島妙子

★ストーリー★

じごくカンパニーのサラリーマン、オニガワラ・ケンは2児のお父ちゃん。

今日も朝からスーツ着て、満員バスでご出勤。


上司の閻魔様から言い渡された今日の仕事は「血の池地獄の見張り」。

楽そうやけど意外と大変。
くたびれて、ついついウトウトしていたらとんでもないことになってしまい…。

地獄って会社が運営してるんだ…鬼って雇われなんだ…(笑)


因みにこのシリーズ、この他に『じごくの盆やすみ』『しゅっちょうはつらいよ』という作品も出ています。


舞台は地獄、主役は鬼のこのお話。
にも関わらず、全く怖さはなく、ほのぼのとした作品になっています。


ほのぼのポイント

では、具体的な「ほのぼのポイント」をご紹介させていただきます。

①関西弁

登場人物全員、何故か関西弁を喋ります(笑)

それにより鬼たちに人間味が増してグッと親しみが持てます。


オニガワラが地獄の亡者たちを怒っているシーンも、閻魔様がミスをしたオニガワラを怒っているシーンもどこか微笑ましさを感じてしまうのです。

f:id:bukiyokachan:20200618161617p:plain

まつこ

「わし、オニでんねん。すんまへん。」

が、オニガワラ氏の口癖です!


②イラスト

可愛い?訳ではありませんが、非常にダイナミックで味のあるイラストが魅力的だと思います。

そしてこのイラスト、ジーっと見ていると…

  • オニガワラさんの名刺、「ひらしゃいん」って書いてあるんだけどw
  • バス停で待ってる同僚のオニ、金棒でゴルフのスイング練習してるw
  • 意外と地獄を楽しんでいる亡者が多い

こういった発見があります。

f:id:bukiyokachan:20200618161617p:plain

まつこ

他にもツッコミどころ多数!
色々見つけて「なんでやねん!」と盛大にツッコんでください(笑)


③ストーリー

基本的にサラリーマンの一日を綴った平和なストーリーです。

そして、ちょっと共感というか感情移入しちゃいます(笑)

f:id:bukiyokachan:20200618162011p:plain

まつこ

私の一番のお気に入りシーンはオニガワラ氏が昼休み後にウトウトしてしまうところ。


前日の夜遅くまで息子の宿題に付き合ってたんですって!

オニガワラ氏のお父ちゃんの顔が見える微笑ましいシーンです。

私自身も子どもの夜泣き対応した翌日の仕事、しんどかった思い出があるので気持ちはわかる。


まあ、実際はウトウトするとか絶対あり得ないし、上司も閻魔様みたいに優しくないし(笑)
ちょっと怒られたくらいで憂さ晴らしに飲みに行ったりなんて出来ないんだけどさ。。

※オニガワラ氏、居眠りを閻魔様に怒られ凹んで飲みに行きます


現実の働くパパ・ママさんの生活に比べるとだいぶ緩いですが、その辺のリアリティまで追求すると全く笑えないので、この位が丁度良いのかなと思います(笑)


最後に

『オニのサラリーマン』、久しぶりに「もっかい読んで!」というセリフを引き出してくれました。

年長の長男も楽しんで読んでいます。

Amazonのレビューとか見ると小学生でも楽しめるみたいですね。

  • 関西弁で親しみやすいキャラクター
  • 見るたびに発見がある味のあるイラスト
  • 親もハマっちゃうストーリー


鬼の話なのに癒されます。お子さんと一緒に読めば飲みに行くより癒されるかも(笑)