不器用母ちゃんのごまかし術

不器用・コミュ障・豆腐メンタルな母ちゃんですが、だましだまし毎日を生きています。

【イマイチな口コミは本当か!?】レゴランドジャパンリゾートに行ってきました⑤レゴランドは割高なのか?旅行費用を分析してみた

どうも、まつこです。

まだまだ続くレゴランド記事ですが、今回はお金の話です。


レゴランドのイマイチな口コミの1つに「高い」というものがございます。

なので、本当にレゴランドって高いの?というところを他所と比較したりしながら分析していきたいと思います。
(半ば私の自己満足記事でございます。)

f:id:bukiyokachan:20200201162524j:plain



【分析してみてわかったこと】

・パスポートは7日以上前に購入が必須!
(じゃないと無茶苦茶高い)

レゴランドホテルに泊まるなら絶対2DAYコンボパスポートつきプランにしよう!
(このプランであれば結構お安い)

・ホテルの夕食バイキングは別につけてもつけなくていいかも
(子ども料金が比較的割高)



じゃあ、詳しく書いていきます。
ご興味ある方は是非。
(長いし、ゴチャゴチャしてますが)


【今回かかった旅行費用】

今回は、レゴランドホテルの宿泊予約サイトから、以下のプランで予約しました。

・夕食&2DAYコンボパスポート付
・部屋タイプ:パイレーツプレミアム
・大人:2人、子ども:2人
・宿泊数:2泊(1/11-1/13)

このプランでお値段は131,690円。


※これ以外にもお土産代やランチ代、交通費などかかっていますが、この辺は個人差が大きく話も発散しそうなので、今回はあえて触れません。



上記プランには以下の費用が含まれています。

①2DAYコンボパスポート代
②ホテル宿泊費(朝食含む)
③夕食バイキング代


もちろん、セットにすると多少お得にはなると思います。
が、他所との比較もしたいので、まずは各項目について単体価格を分析してみます!




【①2DAYコンボパスポート代】

どうやら2DAYコンボパスポートの単体売りは無さそうなので(そりゃそうか)、1日分の1DAYコンボパスポートで考えてみます。


1DAYコンボパスポートのお値段は以下の通り。
――――――――――――――――――――――――
大人:5,100円、子ども(3~12歳):3,900円
オフピーク時、7日以上前に購入した場合)
――――――――――――――――――――――――

レゴランドはピーク時とオフピーク時でパスポートの価格が異なります。1月の三連休はまさかのオフピーク時でした。



上記パスポートで以下の施設が利用可能です。

レゴランド(途中退場&再入場何度でもOK)
・シーライフ(1日1回限り)

2DAYコンボパスポートの場合は上記が2日分適用されます。


因みに、シーライフを諦め1DAYパスポートにすれば1人あたり500円浮きます。

ただし、シーライフ単体の入場料は
大人:1,700円、子ども:1,300円(7日前購入)

なので、シーライフに行く可能性があればコンボにしておくことをオススメします。
(我が家は行かんかったけど。。)




★ではここで、入場料について首都圏の主要(だと私が思っている)テーマパークと比較してみましょう★

※以下の条件で比較
・1月の三連休に行ったと仮定(休日価格)。事前にwebで購入する事で割引になる場合はそれを適用しました。
・会員登録が必要なもの、株主優待、カードのポイント利用など対象者が限られるものは考慮していません。

――――――――――――――――――――――――――――

東京ディズニーリゾート
大人:7,500円、子ども(4~11歳):4,900円


サンリオピューロランド
大人:3,800円、子ども(3歳~高校生):2,700円


◎横浜アンパンマンこどもミュージアム
大人:2,200円、子ども(1歳~):2,200円


キッザニア東京
大人(16歳以上):1,950円、園児(3歳~):4,200円
キッザニア東京は2部構成の完全入れ替え制なので休日第1部(9:00~15:00)利用と仮定

――――――――――――――――――――――――――――

個人的な見解ですが、レゴランドの価格
(大人:5,100円、子ども(3~12歳):3,900円)
が、特別高いようには感じません。



今回2日間遊びましたが、飽きることなく遊べましたし(むしろ、回りきれてないところが沢山あるし)、ディズニー以外のテーマパークよりは規模的にも大きいので高くて然るべきかなという印象。


というか、どこも規模に見合った価格設定となっているように感じます。
(個人的にアンパンマンミュージアムは少し高いような気がせんでもないですが。。)



レゴランド、正直、我々家族はディズニーより楽しめました。
が、ディズニー様は、やはり規模感やアトラクションの作り込まれ具合が違います。
パレード&ショー、夜間も楽しめること等も考慮するとレゴランドの入場料はディズニーの60~80%位が適正な気がします。



レゴランドの1DAYコンボパスポート料金のディズニーの1デーパスポート料金に対する割合を計算すると、
――――――――――――――――――――――――
オフピーク、7日以上前に購入で)
大人料金が68.0%、子ども料金が79.6%
――――――――――――――――――――――――
となります。


まあまあ、ギリギリ許容できる価格といったところでしょうか。

ただし、上記価格はシーライフ入場料を含んでいます。


というわけで、シーライフに入場出来ない1DAYパスポートでも同じ計算を実施。
――――――――――――――――――――――――
オフピーク、7日以上前に購入で)
大人料金が61.3%、子ども料金が69.4%
――――――――――――――――――――――――

こんなもんですね。

個人的には結構妥当な価格設定であると感じました。



※※注意!!※※

上記価格は、オフピーク、7日以前に予約した場合の話。
ピーク時に当日券買うと話は別です。


1DAYコンボパスポートの場合
――――――――――――――――――――――――
大人:7,600円、子ども(3~12歳):5,100円
(ピーク時、前日・当日に購入)
――――――――――――――――――――――――


なんと日本一のテーマパークである東京ディズニーリゾート様を超えています。

これはどう考えても高いです。
因みにピーク時でも7日以上前に予約すれば、20%割引になります(オフピーク時は10%割引)。



おそらく、事前予約ありきの価格設定だと見受けられました。

レゴランドに行く人は「7日以上前に購入!」が必須です!!

「早めの購入でお得♪」では決してありません。
「遅めの購入だと損」なのです。



★ついでに、シーライフについても首都圏の水族館と入場料を比較してみた★

――――――――――――――――――――――――――――

葛西臨海水族園
大人:700円、子ども(小学生以下):無料


しながわ水族館
大人:1,350円、未就学児(4歳~):300円


アクアパーク品川
大人:2,200円、未就学児(4歳~):700円


すみだ水族館
大人:2,050円、未就学児(3歳~):600円

――――――――――――――――――――――――――――

シーライフ、高いな。。

行っていないのでなんとも言えませんが、多分そんなに規模の大きな水族館でもなさそうなので、わざわざ別料金払ってまで行かないかなと思いました。

レゴランドとセットのコンボパスポートにすれば実質500円になるので行っても良いかも。)



とはいえ、シーライフはレゴランドと目と鼻の先にあるので、どーしても視界に入ってきます。


子どもが突然「行きたい!」と言い出す可能性は高いので、コンボパスポートにしておくことをおすすめします。

(実際うちの子も言ってました。サブマリン・アドベンチャー乗ったら満足したのか、途中でやっぱいいやとなってましたが。。)



でもさ、2DAYで家族4人だと、差額4000円か~ちょっともったいなかった気もするけど。
でも宿泊とセットのプランはコンボパスポートしか選べないんだよな~とか思ってました。
(実は2DAYって単純に1DAYの2倍ではないのですが、その件については後程)



ところが!!(゜ロ゜ノ)ノ

後の調べで1DAYパスポートは再入場不可だということが判りました。

ホテルのワークショップを途中で受けたり、ホテルで昼寝したり、再入場の恩恵を受けまくった我が家はコンボじゃないと無理でした。

どちらかというと、シーライフよりも再入場の方が価値があると思います(笑)

コンボパスポートにしたところで値段が跳ね上がるわけでもないので、特にホテル利用者はコンボパスポートにすることをおすすめします!




【②ホテル宿泊費】

レゴランドホテルの宿泊のみの費用(※)を我々が予約した条件に限りなく近い条件で調べてみた。

※ただし朝食付き。朝食は全員についているので。


結果がこちら。
――――――――――――――――――――――――――――
4名(大人2人、子ども2人)1室
1泊朝食付き:48,000円
※部屋タイプ:パイレーツプレミアム(ビューではない)
※2020年2/29(土)~3/1(日)に利用した場合
――――――――――――――――――――――――――――


あ、レゴランドホテルの記事で書き忘れましたが、ホテルの部屋はビュー(窓からレゴランドが見える側)か否かで価格が変わります。
我が家は安価なビューじゃない方を選びました。



★では、宿泊費についても首都圏のホテルと比較★
(いずれも1泊朝食付き)
――――――――――――――――――――――――――――

◎変なホテル舞浜東京ベイ:36,300円

※昨年のお盆に実際に利用したときの価格
※ツインのお部屋で子どもは朝食代のみ加算
(人気のホテルのようで2月は既に空きがなく)



東京ドームホテル:59,400円
リュウソウジャールーム、ショーチケットなし)

※平日チェックアウトの場合
(休日チェックアウトの場合はショーチケットつきのプランしか選べないため)
※上記は2020年1/30(木)~1/31(金)に利用した場合(他日程は既に空きがなく)
※3歳以上は添い寝不可(よって料金かかる)



◎ディズニーランドホテル
美女と野獣ルーム、1~2階)

土曜チェックインの場合:96,000円
※2020年6/27(土)~6/28(日)に利用した場合(週末に関しては他に空きがなく)

日曜チェックインの場合:64,700円
※2020年6/28(日)~6/29(月)に利用した場合

※子どもは2人とも添い寝と仮定
※多分朝食なし(公式サイトには宿泊&朝食のみのプランて無いっぽい)

――――――――――――――――――――――――――――

子どもが喜びそうな宿泊先をセレクトしてみました。
変なホテル以外はキャラクタールームがあるので、そちらを選択。
(変なホテルはフロントは恐竜ロボットが接客しててすごいけど、部屋は割と普通なんです。)


まあ、ディズニー様は別格なので置いておくとして(←では何故書いた)、他の施設とはいい勝負かなと思いました。


場所柄でしょうが、リュウソウジャールームよりも10,000円ほどお安いです。


変なホテルに関してはレゴランドホテルより12,000程お安いですが、フロント以外は本当に普通なので、個人的にはレゴランドホテルの方がお得感ありました。
(でもホテルとしてはキレイで良い所でしたよ♪コンビニも目の前だし)



ただ、これだけは言っておきたい。


レゴランドホテル以外は風呂とトイレが別れている。

しかし(いや、故にだろうか)、
レゴランドホテル以外は1ヶ月先の予約が取れない。


ユニットバスを考慮すると、妥当な宿泊費なんでしょうね。




【③夕食バイキング代】

レゴランドホテルで夕食バイキングのみ利用した場合の価格がこちら。
――――――――――――――――――――
大人:4,100円、子ども:2,000円
――――――――――――――――――――

率直な感想を申し上げます。

高いですな~。
我々が利用した事のある食べ放題のお店って、2,000円ちょっとなんだけど(笑)

家族4人で12,000円だと?旅行じゃなければ絶対払わんな。



★では、一応他のホテルビュッフェと比較★

――――――――――――――――――――――――――――

◎カフェレストラン ナトゥー
(川崎日航ホテル)
大人:4,500円、幼児:1,100円

※桃の節句お祝い企画(2020年3/1~3/3限定)のディナービュッフェ
※3/1(日)に利用した場合の価格(土日祝価格)


◎カフェダイニング パームツリー
ベストウェスタン 東京西葛西)
大人:2,300円、幼児:500円

※ファミリーディナーバイキング利用の場合


◎スーパーダイニング リラッサ
東京ドームホテル
大人:4,950円、幼児:1,100円

※イタリアン&チャイニーズフェア期間(2020年1/6~3/18)に利用の場合

――――――――――――――――――――――――――――

えーと、調べてみて分かったのですが、ホテルビュッフェって本当にピンキリなんですね。

高いところは本当に高い!!

ただ、都心のイケイケ高級ホテルのディナービュッフェと比べるのもなんか違う気がしたので、比較的安価なファミリーでも利用しやすそうな所を取り上げてみました。



まあ、大人料金に関してはそこまで高いって感じではありませんが、子ども料金はやはりお高めですね。

レゴランドホテルは子どもが主役なので、当然といえば当然ですが。
(メニューも子ども向け多いし)

半分テーマパーク的なレストランなので仕方ないとは思います。

が、やはり大して食べない子どもの料金が2,000円はちと高いな。


私はいっぱい食べる方なので、個人的に食べ放題は好きですし、子ども達も喜んでいたので、今回の旅行で夕食バイキングを利用したことは後悔していません。


ただ、次回も利用したいかと言われると多分利用しないかな~と思います。

ビュッフェに関しては朝食でも利用出来るので、次回はスカイラインバーとか利用してみたいです。
レゴランドっぽいメニューも豊富そうですし、子ども達がキッズプレイエリアで遊んでいる間酒飲みながら見てられるので 笑)


少なくとも、夕食バイキングのみの利用だと結構割高な印象を受けました。



【セットプランだといくらお得なのか?】

では、上記項目を単純に合計してみましょう。


①2DAYコンボパスポート代

大人料金:5,100円×2人=10,200円
子ども料金:3,900×2人=7,800円
(10,200円+7,800円)× 2日=36,000円

②ホテル宿泊費:48,000円×2日=96,000円

③夕食バイキング代
大人料金:4,100円×2人×2日=16,400円
子ども料金:2,000円×2人×2日=8,000円
16,400+8,000=24,400円

①+②+③=156,400円


今回のプランの料金が131,690円なので、セット価格にすることで24,710円お安くなっていました。
(約16%OFF)


2泊分だとわかりづらいので、1泊の場合も計算してみました。

――――――――――――――――――――――――――――

◎2DAYコンボパスポート&宿泊費
プラン料金:68,000円
合計金額(※1)との差額16,000円

※1 ①+②=36,000円+48,000円=84,000円


◎2DAYコンボパスポート&宿泊費&夕食バイキング
プラン料金:78,440円
合計金額(※2)との差額17,760円

※2 ①+②+③=36,000円+48,000円+12,200円=96,200円


※いずれも以下の条件で利用したと仮定
・大人2人、子ども2人で1室(パイレーツプレミアム、ビュー以外)を利用
・2020年2/29(土)~3/1(日)に利用

――――――――――――――――――――――――――――

1泊の場合と2泊の場合で差額が2倍になっていないので、連泊するとお得感が減る気がする(笑)


まず夕食バイキング無しのプラン料金ですが、パスポートと宿泊費の合計金額より16,000円ほどお安くなっております。

1DAYコンボパスポートの家族4人分の合計金額が18,000円ですので、2日目については1人あたり500円でコンボパスポートを利用出来る計算になります。

これはお得です。2DAYコンボパスポートつけない手はありませんね!


次に夕食バイキングつきプラン。
パスポート代で16,000円お安くなるとすると、ディナー代は1,760円お安くなります。


大人:3,660円、子ども:1,560円で夕食バイキングを利用できる計算になります。


う~ん、微妙(笑)

あくまで私の主観ですが、2DAYコンボパスポートほどのお得感は無いように感じます。


レゴランドホテルを利用するなら

・2DAYコンボパスポート→絶対つける
・夕食バイキング→つけてもつけなくてもどっちでもOK

と思いました。




【結局レゴランドは割高なのか?】

・パスポート代は高い!ただし、7日前に予約すればそれなりの価格で利用可能。

・ホテル宿泊費は普通。ホテル利用の場合は2DAYコンボパスポートつきのプランにするのがマスト!


・夕食バイキングは高い!ホテルとのセットプランにしてもお得感はイマイチ。でも美味しいし子どもは喜ぶので利用するか否かはお好みで。



★上記を踏まえ結論★

レゴランドホテル宿泊+2DAYコンボパスポートのプランを早めに予約しておけば、とてもお得に利用出来る!!



※あくまで私の主観です。




なんか、客観的な評価って難しいですね。

レゴランド記事、次回で最後です(←まだ続くのか 笑)。